【MUEZ】日本酒A/Bテストの開始につきまして

▼リリース概要

搾りたてが年中届く会員予約制日本酒のMUEZは、WEBマーケティングの改善手法であるA/Bテストの考え方を日本酒の醸造に取り入れた、「日本酒A/Bテスト」を開始いたします。


日本酒A/Bテストの第一弾として、2017年7月6日よりMUEZ beta0.4a / 0.4bの2種類の日本酒の予約販売を開始いたします。

MUEZは進化し続ける日本酒として、今後も継続的なKAIZEN✓を続けて参ります。


▼A/Bテストとは?

※既にご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません。

Webページの改善などでよく使われる、Webサイトの一部分、またはページ全体をA/Bの2パターン用意し、どちらがより効果があるかをテストする手法です。

例えばインターネットショッピングサイトにある"購入する"というボタンは赤色がよいか、それとも青色がよいかということをテストしたいとします。

サイトにアクセスした人の半分には赤色、残り半分の人には青色のボタンを表示させて、どちらのほうがボタンクリックが多かったかというのをテストし、良い結果が出た方を採用するといった形です。


A/Bテストでは、変える要素を1要素にしぼり、その他の要素は全く同条件にするとより正確な学びを得ることができます。

先程の購入ボタンを例にすると、もし仮に赤色で丸いボタンと青色で四角いボタンでA/Bテストを行い、赤色で丸いボタンの方がクリックされやすいという結果が出たとします。

このテストだと、赤色が良かったのか、丸い形が良かったのかが判断できません。

変える要素を色のみにしぼることで、結果の違いが色の違いによってもたらされたという学びを得ることが出来るのです。

※ご参考:A/Bテスト


▼MUEZ beta0.4a / 0.4bにつきまして

0.4aと0.4bのでは「酵母の違い」によるA/Bテストを行います。

酵母は日本酒の香りを決める重要な要素です。酵母の種類によって出る香りは様々です。

今回使用している2種類の酵母はどちらも華やかでフルーティーな香りを出すのですが、出す香りの成分が少し違います。


なお、純粋な酵母の違いによる味の違いを感じていただくため、酵母以外の条件(米、米麹、精米歩合など)はすべて同じにしています。

◎beta0.4a

「リンゴのような香り」を多く出す酵母を使用します。

これまでのbeta0.1、beta0.2、beta0.3と同じ方向性の香りとなる予定です。


◎beta0.4b

「バナナのような香り」を多く出す酵母を使用します。
MUEZの蔵元で本酵母を使用するのは今回が初めての取り組みとなります。


▼購入について

購入は公式ストアのMUEZ STOREにて。

0コメント

  • 1000 / 1000