MUEZ beta0.5a / 0.5b(米違い)予約販売開始


 ▼会員予約制の日本酒MUEZが4回目のバージョンアップ


搾りたてが年中届く会員予約制日本酒のMUEZは、WEBマーケティングの改善手法であるA/Bテストの考え方を日本酒の醸造に取り入れた「日本酒A/Bテスト」の第二弾として、2017年9月4日よりMUEZ beta0.5a / 0.5b(米違い)の2種類の日本酒の予約販売を開始いたします。

初代バージョンbeta0.1からは、今回が4回目のバージョンアップとなります。


 ▼MUEZ beta0.5a / 0.5bにつきまして 

beta0.5aとbeta0.5bでは「酒米の品種の違い」によってどのように味わいが変わるかのテストを行います。


 ◎beta0.5a 


これまでのバージョンからの改善として、”麹菌の種類の変更”を行います。より、糖化力(米のデンプンを糖分に変える)の強い麹菌を使用することで、これまでの課題であったコクの弱さの改善を図ります。
酵母はbeta0.4aと同様のリンゴのような香りがするものを使用致します。

使用する酒米は、これまでのbeta0.1〜beta0.4と同じ品種となります。


 ◎beta0.5b


beta0.5aの酒米の品種のみを変えたバージョンです。こちらで使用する品種は、今年の傾向として比較的溶けやすくコクが出やすい品種になります。

その他の条件(麹菌、精米歩合、酵母など)はすべてbeta0.5aと同じです。


 ▼購入について

 購入は公式ストアのMUEZ STOREにて。

※予約は10/1〆切

※お届けは10/16〜10/20を予定。


 mu62@MUEZプロデューサー

0コメント

  • 1000 / 1000